ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Breaking News(朝日放送) 
2005.07.01.Fri / 15:52 
先週と今週分を併せて見ました。
先週は女児行方不明のニュース。コンテストに優勝した経験を持つ少女ケイトが行方不明で、彼女の財布を拾ったスーパーの警備員ビンセントが犯人ではと疑われ、局では彼を追いかけ取材しますが、逮捕されたのはケイトの父親でした。ケイトは暴行された後首を絞められ遺体となって発見されました。
何かの映画やドラマで見たような事件だけど、ニュースを扱う人たちを中心に見るとまた違って見えます。犯人を特定してどこよりも早く情報をと言う気持ちが表れているからでしょうか?ちょっとした情報をつかんではあっちに飛んで、また違う話が耳に入るとそっちに出向いて、と見てるだけでも忙しくて大変!レポーターの一人メルには妻と息子がいるのですが、その妻は会社を経営していてお互いに仕事が忙しく子供にさびしい思いをさせているのではと悩んでいます。妻の会社に高値での売却話が持ち上がり、5年間は会社に残れて昇給もありとの好条件なのでメルはこれを機に局付きではなくフリーのレポーターになろうかなと考え始めます。"スクープよりも大切なものがある"とカッコいいことを言っていましたが今まで表舞台で飛び回っていた彼が家でサポートする側になっておとなしくしてられるのかな?と思いました。
ニュースの世界の緊張感も興味深いけれど、そこで働く人たちの裏側も同時進行していて面白いです。

今週は潜入取材の話。ディレクターの一人イーサンがモンタナレギュラーズという武力集団(かな?)に潜入して所々を隠し撮り。"潜入"と聞くとなんだかドキドキしてしまう私です。リーダーのスティーブンスが自分の弟が有罪判決を受けた場所だと裁判所前に連れて行かれ、その直後裁判所は爆破されます。イーサンはそのシーンも撮っていましたが現場から逃げるところを追いかけられ、仲間だと疑われFBIの取調べを受けテープも没収されてしまいます。でも事情を話し、組織のアジトを撮ったテープを見せるなどして釈放され、さらに一緒に爆破シーンを目撃した組織のメンバーらしき人物ダリルを捕まえます。ダリルは爆破の件は知らなかったし正式なメンバーでもないとFBIで供述します。そのおかげでスティーブンスは逮捕されましたが、組織のメンバーがイーサンを裏切り者として狙っているとFBIから聞かされ、イーサンは現場を離れます。そこで呼び出されたのが前回フリーになったメル。その後どうなったかとっても気になるのだけど、今週はここで終わりました。来週に続くのでしょうか?
メルはフリーになって家にいる時間が長くなったけれど、子供は両親がいないことに慣れてしまっていて友達と上手に過ごしているようでメルは時間を持て余しているようでした。なのでこの事件をきっかけに早々とメル復帰かな?と予想しています。

先々週あたりからこのドラマのプロデューサー、ケン・オリンの奥様がどんどん顔出すようになってきて、しかも躁うつ病の躁状態でテンション高くて大変です。役はこのドラマの主役、キャスターのビル(TWWの副大統領)の妻で元キャスターです。今週は爆破事件で自分が企画していたインタビューがお流れになりそうになって、キャンキャン吠えてました。一緒に働く人たち、お疲れ様です。実際の現場ではこんな調子じゃないよね?と心配してしまいました。
あまり期待していなかったけれど面白かったドラマBreaking News、あと2話です。。
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

ドラマの内容はもちろん、それぞれのキャラクターも魅力的ですね。
そしてALIASに続いてまたもやケン・オリンは奥様投入。大活躍?してるんですね。
「ナイス・サーティーズ」(あれは本当に名作なので、どこかCSで放送してもらいたいです)では奥様はケンの友人の妻ってことで共演をしていたのですが、ダンナは最近すっかり裏方づいちゃっててつまんないです。
当時に比べるとオヤジ度アップしすぎなので、そろそろ隠れる潮時だと思ってるのかもしれないけど(苦笑)

- from Garoto -

----

一度にたくさんの登場人物が出てくると覚えるのに時間がかかる私ですが、今回はしっかり把握できていてそれもこのドラマの魅力でしょうか。

全体に慣れてきた所でケンの奥様登場。局の中ではそれほど重要なポジションではないのでキャンキャンほえてる姿が長く映ると"もう止めて~!先に進んで~"と言いたくなります。

第1話でいきなりケンが重要そうな役で出てきて、今回はしっかり登場?と思ったけれどすぐに消えてしまいましたね。すっかりオヤジでしたがなかなか素敵でしたよ。よいオヤジ化の仕方だと思いました。オジサマの役でまた表に出てきてほしいです。

「ナイス・サーティーズ」はタイトルに惹かれます。素敵な30代のお話でしょうか?機会があったら見たいです。

- from ジンジャー -

   非公開コメント  
スポンサーサイトBreaking News(朝日放送)のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

朝日放送朝日放送株式会社(あさひほうそう、英語|英称 Asahi Broadcasting Corporation)は日本(近畿地方)の民間放送事業者。局データ特色テレビ放送*テレビ朝日をキー局とするANNの準キー局。同ネットワークのパリ・上海・台北の各支局の記者はABCか
2007.02.16.Fri .No64 / のあの日記 / PAGE TOP△
プロフィール

ジンジャー

  • Author:ジンジャー
  • 京都の海外ドラマ大好き人間です。
    関西地上波ドラマにも注目しています。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 Libreドラマ日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。