FC2ブログ
ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Guardian2 #11「悲運」 
2005.09.14.Wed / 14:32 
今回もタイトル通り悲しい話でした。

父は自分が幼い頃に亡くなったフットボール選手と信じている17才のジェシー。
母親はいるけれど施設で生活していて、もうすぐ高校を卒業するけれどその後も
施設で暮らせるようニックが代理人を務めて要求が通る。
条件として大学に行くための初年度の4分の1の学費を期日までに合法的に
稼ぐこと。まずは母親に用意してもらいたいと母の部屋を訪ねたが、
お金を出すことを断られ、その上自分は再婚して子供も生まれ、今の夫には
ジェシーのことを話してないからもう現れないでくれ、と言われる。
そこでニックが自分の事務所の雑務係のバイトをさせる。
初日、予定時間より早く出社し、やる気満々。服装もシャツにネクタイで
決めて、仕事もきっちりこなし大張り切り。

ニックが担当したもう一件の審問は後天性脳挫傷のため、カッとなってしまったら
勢いで我が子にも手をあげてしまう父親から子供を守るために面会権を奪う事。
こちらもニック側の要求が通り、逆上した父親は法律相談所での福祉局が
立ち会うことが条件での面会に銃を持って現れ、そこにニックについてきていた
ジェシーがスキを見て銃を奪おうとし、撃たれてしまう・・・
ジェシーは一命は取り留めたけれど、脳に弾が届き脳挫傷と診断され、
言語機能、記憶などに障害が残ることに。
母親に拒絶されても前向きに生きていこうとした矢先の事故。
銃で簡単に関係のない人の人生が奪われてしまう事故を目にする度に
重い気持ちになります。いつまでこんなことが続くのでしょうか。

父親が銃を手にして緊迫した状態のところ、ルルが現れ彼女が父親の弁護士と
嘘をついて油断させ事態を収拾することができたが、嘘をついたことで
訴えられることに。ルルの代理人をニックが務め、審問の席でニックは
ルルをほめる言葉を並べ、ルルは半年間の保護観察付き、停職なしの
最小限の処分で済む。審問の後、相談所のニックの部屋で"あれって本心?"
とニックに尋ね、認めるニック。そこでルルは部屋のドアを閉め・・・って
ところで今回のお話は終わり。部屋の中であの後二人が何をしたのか
ものすご~~く気になります。ニックはジェシーのことで落ち込んでるから
もしかすると?

ニックは自分がジェシーを連れていた時に事故が起きて責任を感じ
ジェシーの後見人になることにしましたが、一生面倒を見ていくつもり
なのでしょうか?冷たいようだけど、弁護士の仕事をしている以上、
これからももしかしたらこんな事件が身近で起こるかもしれません。
関わった人たちみんなの面倒を見ていくなんて無理があると思います。
これからのニックの仕事ぶりが心配になってきました。

ファラーおばあちゃんメアリーが再び登場。前回好評だったからでしょうか?
引き取った孫シャナンの寝たばこが原因で家が火事。保険料が出ないと
家も直せないし・・・と困っているところを、自分の家に住まわせ、
保険料支払いを渋る保険会社と交渉し、と世話を焼くバートン。
仕事でお疲れのメアリーにはマッサージ、シャナンとは映画デートにDVD購入等
いい人ぶり全開。ニックとはぎすぎすしていた時もあったし、妻とはうまく
いかず離婚したりしたのに。失敗から学んだってことでしょうか?
将来ニックが結婚して子供を持ったらジジバカ間違いなし!と思ったのでした(笑)
スポンサーサイト
COMMENT TO THIS ENTRY
----

またTBさせてもらいました♪

最近のThe Guarduan。毎週どんどん重く辛くなってますね。
ジェシーの悲劇はなんとも耐え難いものが。
平気で銃を持ち歩ける社会をなんとかしてもらいたいと痛切に感じます。

そしてルルを弁護するニック。あの褒め言葉は本心だったのかな?そうなるとまた話がややこしくなりそうで気になるんですが。

ファラおばあちゃんに尽くすバートン。微妙に不器用な部分がキュートでした。

- from Garoto -

----

TBありがとうございます。

ここのところのThe Guardian、ほんとに重い話続きですよね。
銃で奪われる人生の多さに参ってしまいます。
SFUのガブの弟の事故も銃がすぐ側にある社会だから
起こってしまったこと。そんな必要のない世界に住める
幸せを考えたりします。いつまでもこうであってほしい。

やっとルルに対する思いを整理できそうと安心して
いたのですが、ルルの別居そして今回の件でまたまた
ニックが引っかき回されそうで怖いです。

重い事件が続く中、最近のバートンはニックにわがまま言ったり
今回のようなことがあったりで、重さを和らげてくれてるのかな?
って思いました。

- from ジンジャー -

   非公開コメント  
スポンサーサイトThe Guardian2 #11「悲運」のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このドラマ、どうしてこんなに救いがないんだろう…今週もあまりにも辛すぎました。ジェシーの悲劇。ジェシーは飲んだくれの父親(本人は父親はフットボール選手で彼が幼い頃死ん
2005.09.14.Wed .No18 / ドラマ日記 Pt.2 / PAGE TOP△
プロフィール

ジンジャー

  • Author:ジンジャー
  • 京都の海外ドラマ大好き人間です。
    関西地上波ドラマにも注目しています。
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 Libreドラマ日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。